スマホの方はここをタップすると電話がかけられます。
TEL 0776-97-5591
  • web予約はこちらから
HOME > 膝痛

膝の痛み

このようなことでお悩みではありませんか?

膝の痛みの原因

・歩き始めるとき
・階段の上り下りのとき
・正座をしたとき
・立ち上がるとき
・椅子に座ろうとしたとき
・膝の内側を押したときに水が溜まっているとき

もしこのような行動をとった時に膝に痛みがくるようであればそれは変形性膝関節症を発症している恐れがあります。

変形性膝関節症

変形性膝関節症

人間の体の中には大腿骨脛骨という二つの骨が存在します。
これらの骨の衝突は軟骨がその間に入ることによって防がれています。つまり、軟骨は大腿骨と脛骨がぶつからぬようクッションの役目を果たしているという訳です。

しかし、この二つの骨がバランスを崩してしまうと軟骨が磨り減っていき少しずつ変形していきます。
こうなると軟骨はクッションの役目を果たさなくなってしまうため骨同士がぶつかり合うようになってしまうのです。
この骨同士がぶつかり合うことによって生じる痛みが変形性膝関節症なのです。

では、何故このような症状が引き起こされるのか。
原因はO脚などの足のバランスの崩れにあります。
人間の体の部位のほとんどは骨盤という土台によって支えられているということをご存知ですか?
この骨盤は姿勢をまっすぐに保っておけば崩れることはありません。
しかし、何かしらの原因で姿勢を崩してしまうと骨盤のバランスが崩れそれに支えられていた足や股間のバランスまでもが傾くようになります。こうなると足が外の方を向くようになり、いわゆるガニ股やO脚といったものに体が変化していってしまうのです。
つまり、変形性膝関節症にかかる根本的な原因は姿勢の崩れにあるということが分かるでしょう。

膝の痛み治療法

膝の痛みは姿勢を改善をするだけで、ずい分と楽になります。
姿勢が悪く片方の足に重心をかけていたのを姿勢を改善し、両方の足に均等に重心をおくことで膝にかかる負担が全然ちがいます。
姿勢を改善することによって、膝周りにもしっかりと筋肉がつきますので、楽に歩けるようになります。
痛くない姿勢改善、骨盤矯正ですので、お年寄りの方やお子様も安心して治療を受ける事が出来ます。

pagetop