スマホの方はここをタップすると電話がかけられます。
TEL 0776-97-5591
  • web予約はこちらから
シンスプリント
Shin splints

新しい環境で競技を始めると、運動する環境が変わることで起きるスポーツ障害があり、その中で代表的なもののことをいいます。
シンスプリントと呼ばれるもののほとんどは、脛骨過労性骨膜炎を指し、下腿内側に位置する脛骨の下方1/3に痛みが発生することを言います。痛みは脛骨に沿ってうずくような鈍痛で始まり、ある一点に集中する痛みとは違い、 筋肉が骨に付着するラインに沿って起こります。

原因

走ったり、歩いたり、ジャンプをするたびに筋肉が緊張して、脛の骨膜(骨をおおっている膜)を引っ張ります。この緊張が強く起こり、引っ張り続ける状態が長く続くと引っ張られている骨膜が耐えきれずに炎症が起き、痛み始めことが原因です。
シンスプリントの痛みを起こすのは筋肉が硬くなるからです。

■地面を蹴るような走り方
同じ練習をしていても、シンスプリントになる人とならない人がいます。シンスプリントになりやすい人は地面を強く蹴るような、筋肉が硬くなる体の動かし方、走り方をしている人が多いです。
地面を強く蹴るとふくらはぎが披露しやすく、足の指も硬くなります。足の指が硬くなると脛にかかる負荷が増えるからです。

■アイシングをする
アイシングをするのは、冷やすことで炎症・内出血を抑えたり、反熱作用を使った血流促進が目的です。
しかし、患部が内出血を起こし、腫れてズキズキ痛むときにはアイシングは有効ですが、普段のケアとして行う必要はありません。血流の促進効果は、冷やさず温めた方が効果は高いです。
筋肉を冷やすことによって固くなりシンスプリントになってしまいます。

■痛みを我慢しながらストレッチをする
気持ちいいより痛みを感じるほど伸ばしてしまうなど、過度なストレッチを続けると、筋肉が硬くなり、シンスプリントを起こす原因になります。

■自分に合った靴を履いていない
間違った靴選びをしてしまうと、足元のバランスが崩れ、足に大きな負担がかかります。かかとに高さのある靴やクッション性のある靴、ひっかきの強すぎるスパイク、靴幅や、サイズの合っていない靴は足に負担をかけてしまいます。

症状

シンスプリントになった場合、始めにくる症状は、

これがひどくなると、歩いたり、立ったりするだけで痛くなったり、何もしなくても痛さが持続するようになります。

治療

今行っている治療を何ヶ月も続けているのに治らないのであれば、その治療方法を続けても効果は期待できません。下の方法で試している治療方法があれば一度やめてみてください。

■ストレッチ
ストレッチは、やり方によって筋肉を硬くしてしまう可能性があるため、ふくらはぎ、脛、足首と足の指の筋肉を柔らかくするとシンスプリントの予防に効果的です。毎日お風呂上がりに行うことをお勧めします。

■サポーター
サポーターを長く使用するとサポートされていることに体がだんだんと慣れていき、筋肉はどんどん退化していきます。サポーターは、本当に必要な時にだけ使うようにしよう。

■テーピング
サポーターを長く使用するとサポートされていることに体がだんだんと慣れていき、筋肉はどんどん退化していきます。サポーターは、本当に必要な時にだけ使うようにしましょう。

■アイシングをする
上記でも書いたようにアイシングをするのは、冷やすことで炎症・内出血を抑えたり、反熱作用を使った血流促進が目的です。
しかし、患部が内出血を起こし、腫れてズキズキ痛むときにはアイシングは有効ですが、普段のケアとして行う必要はありません。血流の促進効果は、冷やさず温めた方が効果は高いです。

■電気治療・マッサージ・鍼
強くマッサージすると筋肉は、一時的に血流の流れが良くなり、効いている気がしますが、身体は「攻撃だ」と危機を感じ、身体を固めます。結果、筋肉を硬くしてしまうので強い刺激の治療はやめてみましょう。

pagetop